外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療記

外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療の記録、症状の対策や感じたことなど綴ってます

【書籍感想】その後のツレがうつになりまして。

   

ツレうつ続編

著者、細川さんとうつ病になってしまった夫、ツレさんのうつ病を中心としたコミックエッセイ第2弾です。
1作目同様コミックエッセイなので、読みやすかったです。

やや教則的?

1作目と比べるとツレさんのうつ病に関する内容は少し薄め。
書籍出版に関する話、自立支援医療などの知識に関するものが増えてます。
前作が教則本じみてなく、ひとつのケースとして楽しめてただけに少し残念に感じたところです。

希望が持てる

とはいえ、ツレさんの話もちゃんとあり、あきらめたこともあれば、講演会で話をしたり、会社を設立したりと溶解して、ここまで活動することができるのだという希望が持てました。
もちろん、人それぞれだと思いますけどね。
ツレさんがあきらめたことが大丈夫になる人もいるでしょうし、ツレさんができるようになったことができない人もいる。
この辺は前作同様、ひとつのケースというものですね。

おすすめ度は中程度

前作と比べるとおすすめ度はやや下がります。
教則、教訓的な部分があるものの、根拠があまりハッキリしてなかったりします。
そういうものを取っ払って、細川さん、ツレさんなりのうつ病との付き合い方、日常がもっと読みたかったというのが個人的な感想です。
ですが、上記した通り、希望が持てる部分もあり、前作よりはおすすめ度が下がりますが、読んでみて損はない一冊と思います。

関連リンク

1作目⇒【書籍感想】ツレがうつになりまして。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

 - 雑話