外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療記

外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療の記録、症状の対策や感じたことなど綴ってます

【質問箱回答】病院変える意味はある?

   

質問箱へ質問をいただきました。
質問者様を仮にQさんと呼ばせていただきます。
Qさん、ご質問ありがとうございます。

質問内容

人の目が気になり、外出が困難な状態で、病院で診察を受けたものの、医師が聞き流しているように感じる。
本当は病気でもなんでもないのか、病院を変えると違うのか、意味はあるのか?

Qさん、質問主旨を抜き出したつもりです。
間違っていたらお手数ですが再度質問箱からご指摘ください。

回答

変える意味はある

まず、結論ですが、私としては病院を変える意味は十分にあると思います。
Qさんが少なくとも、生きづらさを感じて生活していると文章から感じました。
もしそうであるなら、他の病院での診察を受ける意味はあると思います。

「病気でもなんでもないのか」について、私の考えも書いておきます。
精神疾患の症状は気にせず生活をしている人もいれば、生きづらさを感じながらも生活している人など、人によって影響は様々と思ってます。
その症状で生きづらいと感じるレベルならそれは病気と呼んでいいのではないかと個人的には思います。

医師による違い

私の話ですが、最初に不調になった際に近くの内科を受診しました。
その際に外出が怖いことを伝えましたが、恐怖対象が漠然としているのもあり、結局理解されませんでした。
うつ病についてのコラムなども書いてる先生だったので、多少なりとも理解してもらえるかと思い、動悸に耐えながら受診しただけにショックでした。

そして完全に外出ができない状態に陥り、現在の先生に往診してもらうようになりました。
現在の先生は、話をそのまま受け止めてくれ、また何が原因なのかを時間をかけて一緒に考えてくれます。
私自身、なぜここまで外出できなくなったのかが明確ではなく、この形での診療はとても助かってます。

また、今の先生に往診してもらう前に、最寄のメンタルクリニック(心療内科、精神科)へ往診はしてもらえないかというお手紙を出しました。
その際にいただいたお返事で、心情を察してくださる言葉をいただき、すごく救われました。
往診はできないとの回答で、福祉課への連絡などその後の道筋を示してくださったのも助かりました。

長くなりましたが、医師によって患者の言葉の受け取り方、接し方、治療の仕方は異なります。
ですので、「今の先生が合わないのでは?」と疑念を抱いているのであれば、他の診療内科医、精神科医を受診してみるのも良いと思います。

注意点

個人的に思う注意点を挙げておきたいと思います。
転院に関しては今、継続的に通院しているのかなどもあるので、割愛します。

医師によって異なるということは、今よりも良くない医師に当たる場合もあるということ。
この辺は相性と言ってよいと思います。
なので、Qさんにとって、良いのか悪いのかは他院を受診したら、落ち着いてゆっくりと吟味するようにしてください。
極端な例ですが
・患者の訴えをすべて鵜呑みにして、患者の希望通りに薬を処方する医師
・患者の訴えを全く聞かず、決めつけで診断をし、薬を処方する医師
・流れ作業的に診察、診断し処方する医師
・薬での治療に否定的で、症状を抑える薬を処方してくれない医師
というのもあります。

継続して通院しているのか、定期的に服用してる薬があるのかがわからないので、もしかしたらご存知かも知れませんが、念のためにお伝えします。
うつ病など精神疾患の診断となった場合、治療には坑うつ薬などの長い服薬、通院をする覚悟が必要になります。
薬を飲んでよくなったとしても、継続して飲み続け、少しずつ減薬をすることになるためです。
また、処方された薬がなかなか合わず、今よりも良くない状態が続くということもあります。
私自身、半年以上なかなか合う薬が見つからず、薬に振り回される日々でした。(病気で調子が悪いのか、薬の副作用なのかがわからなくなりました。)
今は割りと合ってるものに出会えたようで少しずつですが、よい方に向かってるように感じてます。

いただいた質問からは常時不安や恐怖に駆られてるというよりは、「外出」という特定のケースで、かつ身体的な症状はほとんどないとのことですので、その辺を伝えれば抗不安薬などを頓服として処方されるというのもあるかもしれません。
頓服をお守りとして持ってるだけでもだいぶ違うので、そういうのを希望するのも良さそうと感じました。
ただし、抗不安薬は依存しやすいのでそこは注意が必要です。
私個人としてはあまり薬を飲みたくないので、この頓服の形で済むならそうしたいですね。

以上が私の回答です。

Qさん、答えになったでしょうか?
少しでもQさんの悩み、心の重荷が軽くなったら幸いです。
質問お送りいただき、ありがとうございました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

このブログについて

私は外出恐怖・対人恐怖から2017年4月にうつ病の診断を受けました。
このブログでは治療の記録や症状の対策、生活していくうえでの知恵、考えたこと感じたこと思ったことなどを綴ってます。
同じような問題を抱えた方や関わる方の参考になれば幸いです。

質問募集中

うつ病の治療や薬について、生活の工夫など、私に聞いてみたいことを募集してます。
匿名で送信できますのでお気軽にお送りください。
質問箱

うつ病関連リンク

 - 雑話