外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療記

外出恐怖・対人恐怖・うつ病治療の記録、症状の対策や感じたことなど綴ってます

【受診記録】往診(8回目)

   

前回同様、昼食後にガスターd20mg、往診前にロラゼパム0.5mgを服用。(往診は14時ころを予定。)
数日、胃の不快感が続いてるため、やや気重。

診察

・状態について(問診)
・薬について
・血圧、脈測定
・血液検査
・傷病手当の診断書
診察時間は30分程度。

状態について(問診)

この二週間での報告。
・リフレックス増の影響か、体がややだる重く(眠気?)、あまり動けず。
・前半週、すぐ表の通りを歩き、後半週に1日だけ夜に少し外出(300m程度)。
・首の痛みは少しずつストレッチをするようにし、軽減されてきている。(頭痛も)
・この数日胃の不快感が強い。

先生からは

体調に関しては薬の増量の影響もあるかもしれないが、最近の天候の影響も受けてるかもしれあないので様子を見ましょう。
外出訓練は自分の可能な範囲で継続するように。
首の痛みに関しては寝てるときが大きいのかなという見解。
胃の不調は、、、うーん。

といった感じでした。

胃の不調については食生活などいろいろとお話をしたものの取っ掛かりもなく、ひとまずそのまま。

薬について

リフレックスを30mgで継続。
スミルスチックを連用していたところ、皮膚が剥がれる現象が発生したことを伝えたところ、液体タイプのもの(インテバン外用液)に変更に。

血圧、脈測定

特に問題なし。

血液検査

最初(4月)からだいぶ経ったので急遽血液検査。
胃の不調、食事量の関係から栄養状態の確認も含め。
先生の採血上手でした。(針の抜き差しの痛みがほぼない。)
結果は次回。

傷病手当の診断書

月初に用意できなかったため、次回。

治療方針

リフレックス30mgで継続して様子見。
もう少し外出してみる。

処方薬

抗うつ薬

リフレックス30mg

抗不安薬

ロラゼパム(ワイパックス)0.5mg

鎮痛薬

チザニジン(テルネリン)1mg
インテバン外用液 1%

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

このブログについて

私は外出恐怖・対人恐怖から2017年4月にうつ病の診断を受けました。
このブログでは治療の記録や症状の対策、生活していくうえでの知恵、考えたこと感じたこと思ったことなどを綴ってます。
同じような問題を抱えた方や関わる方の参考になれば幸いです。

質問募集中

うつ病の治療や薬について、生活の工夫など、私に聞いてみたいことを募集してます。
匿名で送信できますのでお気軽にお送りください。
質問箱

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

 - うつ病治療の記録